ホーム 会社紹介 法的表示 お買い物方法 お茶会情報とリンク

  備前茶入 佐藤圭秀造 共箱
▽道具の詳細
備前茶入を茶の湯に最初に用いたのは、千利休と言われています。名物の金襴の裂を添えて、袋ばかりは立派であることから「布袋」と名付けて愛玩したそうです。以降、織部のさび助など、備前の茶入も、侘茶の道具として定着しました。そういう意味でも、備前焼は茶入の中でもとても興味深い道具です。

とても感じの良い備前茶入です。端正で薄作、形も膨よかで、肩が綺麗に衝いて、口作りも冴えています。胴部に牡丹餅の釉景が見られ、少し赤みがかって滑らかな土味です。底に「二」の字の手印があります。

仕覆は利休梅緞子、箱はシミが出ていますが、茶入や牙蓋、仕覆は綺麗な状態です。

▽作者について
佐藤圭秀(さとう・けいしゅう)
備前焼の陶工。尾道生まれ。技巧に優れ、茶味のある作風を得意としたが、若くして亡くなり、その早世を惜しまれた。窯印に「二」「圭」がある。兄は、佐藤苔助(金重陶陽賞受賞)。

▽道具寸法
径67mm×高77mm(蓋を含まない)

 品 名 備前茶入 佐藤圭秀造 共箱
 価 格 35,000円
税込、送料はサービス致します。
 
お電話でもご質問・ご注文を承ります(FAX兼用) ◆ご質問はこちら(SSL暗号化通信)
◆ご注文はこちら(SSL暗号化通信)

ご注文に際してのお願い
▽ご注文頂いてから店頭在庫状況を返信メールにてお知らせ致します。
▽ご不明な点・追加画像のご希望はお問合せフォームにてお申し付け下さい。
▽画像をご覧頂く環境や設定によって、実物との色合に若干の差が生じます。

お買い物方法のご案内ページへリンクしています 消費税5%OFF1万円以上のお買物で無料配送1万円未満全国一律送料800円 銀行振込決済合計額が30万円未満の場合代引き決済が可能ですオリコeクレジットはweb上でご契約が可能です オリコサイトにてクレジットの手順がご覧いただけます

前のページに戻る 次のページに進む
 Copyright©etchuya.
 このサイトの画像やコンテンツを許可なく転載する事を禁じます