ホーム 会社紹介 法的表示 お買い物方法 お茶会情報とリンク

 備前耳付水指 木村一陽造 共箱
▽道具の詳細
備前池田藩の御用細工人を務めた木村長十郎友敬の二男で茶陶作家の木村一陽による耳付水指です。

備前焼が茶の湯の用いられたのは紹鴎時代頃からで、当初は水瓶や種壺などの民具を水指に見立てての道具でしたが、織部の時代(慶長時代)頃からユニークで力強い形の茶道具が登場しはじめます。

本作は、慶長時代頃に隆盛した備前水指のスタイルで、胴を思い切り締めた形、大きな耳などは、自己表現の華やかなだった時代を感じさせてくれる、楽しいものです。土味もきめ細かく、釉景も豊かな水指です。畳付に「一」の窯印があります。共箱。

▽作者について
備前池田藩御用細工の家系。
十三代長十郎友敬の次男に生まれる。昭和22年一陽窯を開窯。朝鮮や中国へも陶芸視察に赴き、作陶活動を続ける。日本民芸協会理事、備前焼で初となる伝統工芸士に認定される。勲五等瑞宝章受賞。

▽道具寸法
胴径180mm(耳含まず)×高180mm

 品 名 備前耳付水指 木村一陽造 共箱
 価 格 54,000円
税込、送料はサービス致します。
 
お電話でもご質問・ご注文を承ります(FAX兼用) ◆ご質問はこちら(SSL暗号化通信)
◆ご注文はこちら(SSL暗号化通信)

ご注文に際してのお願い
▽ご注文頂いてから店頭在庫状況を返信メールにてお知らせ致します。
▽ご不明な点・追加画像のご希望はお問合せフォームにてお申し付け下さい。
▽画像をご覧頂く環境や設定によって、実物との色合に若干の差が生じます。

お買い物方法のご案内ページへリンクしています 消費税5%OFF1万円以上のお買物で無料配送1万円未満全国一律送料800円 銀行振込決済合計額が30万円未満の場合代引き決済が可能ですオリコeクレジットはweb上でご契約が可能です オリコサイトにてクレジットの手順がご覧いただけます

前のページに戻る 次のページに進む
 Copyright©etchuya.
 このサイトの画像やコンテンツを許可なく転載する事を禁じます