本文へスキップ

茶の湯道具商(有)越中屋は備後國尾道の茶の湯道具専門店です。

お電話でのお問い合わせは0848-46-0353

メールでのお問い合わせはこちら

商品詳細item detail

古曽部焼 安南手草花文茶碗 寒川義崇造 共箱 



 ▼道具の詳細
摂津の茶陶、遠州七窯のひとつとしても名高い、古曽部焼の安南手草花文茶碗です。
安南絞手をもとに、日本の茶陶のセンスを加えてより一層すっきりとした姿をしており高めの高台が非常に魅力的です。
染付絵の具は安南風でやや濁った感じの色合いで、アイボリーの生地に良く映えており、淡く繊細に表現されています。
釉肌もサラサラとした質感で、遠州七窯の作風とも言える「綺麗」な感じです。
見込に一輪の花が描かれ、蛇の目の見込は釉薬を切らず、食い違いの円で表現されているのも面白い見どころです。
高台内は錆釉が施され、「古曽部」と「〇」の陶印が捺されています。

共箱には、「法隆寺夢殿の土を混ぜて」とあり、別作品となっています。
手に取った感触は、繊細で心地いです。清々しく、綺麗で、大変おすすめの一碗です。

 
 ▼作者について
寒川義崇(さむかわ・よしたか)
1951年紀州焼葵窯、初代寒川楢豊の末子として生まれる。
大阪芸術大学芸術学部卒業。同大学副手として勤務。1978年高槻市久保に登り窯を開窯。
古曽部焼を再興した。茶道表千家、裏千家、武者小路千家をはじめ、各お家元より書付は拝受する。
古美術の蒐集と研究を続け、自らの作品に生かして作陶を続ける。
 ▼寸法
 径120mm×高86mm
 ▼価格
85,000円[税込]

   お問合せはこちら

  1.  お問合せフォーム
  2.  ご注文フォーム

ショップ情報

茶の湯道具商(有)越中屋

〒729-0141
尾道市高須町4791-11
TEL.0848-46-0353
FAX.0848-46-0353
お問合せフォーム
→ショップ案内