本文へスキップ

茶の湯道具商(有)越中屋は備後國尾道の茶の湯道具専門店です。

お電話でのお問い合わせは0848-46-0353

メールでのお問い合わせはこちら

商品詳細item DETAIL

黒織部クルス茶碗 川本了生別作 共箱 



 ▼道具の詳細
伝世の桃山時代の作品をもとに、形状、寸法とも忠実に再現した黒織部沓形クルス茶碗です。
黒釉から白抜きで文様を表す手法の黒織部で、文様は十字架、当時はクルスと呼ばれた南蛮の意匠です。
桃山時代の美濃陶では、南蛮人燭台と同じように、十字架もまた南蛮文化を代表するひとつの現象として、
茶道具に取り入れらたと考えられます。

ゆったりと歪んだ美しい沓形で、口造りは玉縁、腰のあたりに一段の山道状の箆目が入り、正面にクルス、
背面には白抜きの菱と、左右に釘抜が見られるとてもシンプルな作品です。過剰すぎる表現ではないところに、
本来の黒織部らしさを感じます。黒釉は粒状の光沢と、艶が収まった部分との対比が面白く、白抜き文様の肌も
味わいがあります。高台廻りは柔らかいモグサ土風の土見で、高台も味わいがあり、土味は時代感のある
やや古めかしい風合いです。

多様な南蛮文化が招来した桃山時代の貿易港に思いを馳せた取り合わせや、利休七哲とキリシタン大名など、
茶の湯の楽しみを広げてくれるような茶碗です。クリスマス茶会にも。

川本了生氏にお願いして作って頂いた別作茶碗です。
ご覧の画像の現品をお送り致します。

 ▼作者について
川本了生(かわもと・りょうせい)
1948年、島根県生まれ。愛知県窯業訓練校研修後、茶陶作家の林英仁に師事。
1982年岐阜県に開窯、1990年には古作再現のため、穴窯を築窯する。
銀座松屋、名古屋三越、広島や松山など全国で個展を開催し好評を得る。
 
 ▼寸法
口径 幅143mm×奥行122mm
高さ 74mm
 ▼価格
65,000円[税込]

 お問合せはこちら

  1.  お問合せフォーム
  2.  ご注文フォーム

ショップ情報

茶の湯道具商(有)越中屋

〒729-0141
尾道市高須町4791-11
TEL.0848-46-0353
FAX.0848-46-0353
お問合せフォーム
→ショップ案内