本文へスキップ

茶の湯道具商(有)越中屋は備後國尾道の茶の湯道具専門店です。

お電話でのお問い合わせは0848-46-0353

メールでのお問い合わせはこちら

商品詳細item DETAIL

金海写割高台茶碗 真清水蔵六造 共箱 



 ▼道具の詳細
幕末から続く京都の茶陶、真清水蔵六による金海写の茶碗です。
金海茶碗は高麗茶碗の一種で、金海で焼かれた為にこの名があります。
白い堅手の茶碗で、胴部に櫛目が縦に入っており、これを猫が爪で引っ掻いた様子から、
「猫掻手(ねこかきて)」と呼び、高台は十文字の割高台で見所豊かな茶碗として
古くから珍重された伝統的な茶碗です。

本作の作風も本歌に忠実で、白い土味の陶器に、透明感のある白い釉薬が美しく映えています。
胴部には轆轤目の筋と縦に入った猫掻手が交錯して面白い雰囲気です。
高麗茶碗と京焼の伝統双方が大変調和した作品に仕上がっています。
季節を問わず楽しんで頂ける茶碗です。

無傷完品で使用感無く、大変綺麗な状態です。

 
 ▼作者について
初代真清水蔵六は江戸末期から明治の京都の陶工で、中国・朝鮮古陶磁の研究に励み秀でた才能を発揮した。「青磁の蔵六」とも呼ばれ、五条坂において青磁を制作する陶工の先駆けとして活躍し、茶を玄々斎宗室に学ぶ。以後代々が京焼茶陶として作陶を続け、当代で五代目となる。

 
 ▼寸法
 口径125mm×高75mm
 ▼価格
44,000円[税込]

 お問合せはこちら

  1.  お問合せフォーム
  2.  ご注文フォーム

ショップ情報

茶の湯道具商(有)越中屋

〒729-0141
尾道市高須町4791-11
TEL.0848-46-0353
FAX.0848-46-0353
お問合せフォーム
→ショップ案内