本文へスキップ

茶の湯道具商(有)越中屋は備後國尾道の茶の湯道具専門店です。

お電話でのお問い合わせは0848-46-0353

メールでのお問い合わせはこちら

商品詳細item DETAIL

黒地金彩銀杏画茶碗 清閑寺窯 杉田祥平造 共箱 



 ▼道具の詳細
京焼色絵の代表的茶陶作家、杉田祥平による黒地金彩銀杏画茶碗です。
金をふんだんに使った豪華な色絵で、大変豪華な雰囲気です。光沢のある濃い金彩の葉と、金砂子地の透かした葉の
二種で表現する陰陽の技法は、清閑寺窯色絵の特徴のひとつです。
色絵は見込中ほどまで折り返してあり、見込は白地となっています。
黒仁清と素地を生かした仁清の、ふたつの意匠が一碗に収まって、調和しています。

高台脇に「清閑寺」の陶印が捺されています。
本人作の中の上手作になります。内外共に未使用と思われる程に大変綺麗な状態です。
共箱。
 
 ▼作者について
京都の茶陶作家。樂家十四代覚入を師と仰ぎ、出入りを許され全国の展示会講演に随行、以後12年間覚入没まで陶芸を学び、裏千家に出入り、また清閑寺窯丸印を裏千家15世鵬雲斎御家元及び覚入より拝領する。
 
 ▼寸法
 径125mm×高85mm
 ▼価格
90,000円[税込]

 お問合せはこちら

  1.  お問合せフォーム
  2.  ご注文フォーム

ショップ情報

茶の湯道具商(有)越中屋

〒729-0141
尾道市高須町4791-11
TEL.0848-46-0353
FAX.0848-46-0353
お問合せフォーム
→ショップ案内